宿題が・・・。

2010/3/27 6:23

リズムは終了かな?

一昨日はJIRO楽曲のリズム録り。

1曲は、若いな〜〜なんて言いながら、ノリノリで演奏したパンクナンバー。

JIROらしい。

この曲を聴いた瞬間にメロディーが浮かんだと言うTAKUROの大サビも加わり、より一層、青春パンクのような曲になった。

俺のルーツでもあるから、凄く楽しかった。

もう1曲は、ダーティーなヘビーサウンド。

GLAYでは珍しく、殆どが頭打ち。

俺達世代の特徴なんだろうか?

ギターソロと言うパートを必ず作る。

HISASHI、大変そうだな〜。


そして昨日はTERU楽曲。

1曲は、初挑戦なカントリーソング。

ギターをポロポロ弾きながら作った曲で、i will~より前に曲自体はあったんですが、どういったアプローチでアレンジして良いのかず〜っと迷ってた。

でも、やりたい事は見えてた。

そう、カントリー。

GLAYには合わないかな?なんて思いながらもいつかやりたいな〜と思ってた。

そして、今年の1月のお休み中、ドライブしてた時にラジオから聞こえてきたRC SUCCESSION - Baby#1。

グッとき過ぎて泣きそうになった。

その時に、まさにこのアレンジだと思い、それから色々と家でやってみたんですが・・・。

求めてる、カントリー特有の空気感ってものが、なかなか表現できず・・・。

頭の中で鳴ってる音とメロディーをそのまま録音しても、近づけない・・・。

そしてレコーディング期間になったので、先日、佐久間さんとTOSHIに手伝って貰いDEMO作り。

想像以上のものに仕上がり大満足。

その楽曲をGLAYで演奏したら、グッときました。

この時点で、既に大満足です。

もう1曲は、ノリ一発なスピードナンバー。

GLAY最速です。

BPMは230以上。

かっこいいよ!

と言う事で、リズムはほぼ終了かな?

何曲あるんだろう?

20曲以上はあるのかな?

どれもこれも、特徴のある曲達ばかりなので歌録りが楽しみなんですが・・・。

宿題がどっさり・・・・・・・・・・。

来月から、ギター&ボーカルダビング月間。

10枚目のオリジナルアルバム完成に向かい頑張ります!

by TERU

__

2010/3/26 19:19

G4全員のモチベーションが最高潮に達した時、
GLAY10枚目のアルバムのリズム録り(あくまで
大枠ですが…)は一先ず終了かな…

セッション、本当素晴らしかった。


今日はTERU曲が2曲だったので本人が作った丁寧な
デモに合わせ演奏。想いが詰まった胸うつミディアム曲と
かなりハードなロックナンバー。デモのトシの演奏が
素晴らしかったのでそのテイクを活かしつつ更に磨き上げて
終了の合図。

リズム終了!と断言出来ないのは何日か寝かせた時にまた新しい
アイディアや納得出来ない部分が見えた時はまたスタジオに入り
やり直される事は多々あるからでそういう客観性を取り戻す時間も
必要という事で明日から少しインターバルを置く。
スタジオ作業はしばらくお休み。


合間に作詞や集まった曲達と今回のアルバムのテーマにそった選曲、
ギターアレンジやゲストミュージシャンのスケジュール等々や
る事は沢山あるのでまだまだ気が抜けない

やっと3合目かな。
頂上目指して歩のみ。

ジロウだよ。

2010/3/25 22:17

今週はタクロウくん以外のメンバーのプリプロとレコーディングウィークです!

昨日のヒサシ曲はじつに彼らしい作風でボクも楽しんで演奏しました。
やっぱり普通のアレンジ&展開じゃないのがカッコいい。

そして今日はオレの曲day。
2曲プリプロしたんですが、かなり気に入ってます。

演奏&歌ってくれるメンバーの愛情が伝わってそれだけで満足です(それじゃダメか!?)。

今回のレコーディング、自分なりのテーマは『難しく考えない!』。
なので作曲も全体のベースラインも極力シンプルにしてます。

明日はテル曲なんですが、聴かせてもらった楽曲もすごく良いので
スタジオ内も盛り上がること間違いないでしょう!



※写真はプロデューサーの佐久間さんに譲ってもらったベース。実はGLAYのアコースティック系のレコーディングではかなり重宝してたベースなので本気で嬉しい!!

geek

2010/3/25 14:47

ヒサシです。
レコーディングスタジオまで徒歩のプレゼント。



雨に隠れた春の訪れ、レコーディング終わったらお花見でもしたいな~・・

さて今シーズンの主役の一人。
”Toshi a.k.a. ブレィキの壊れたダンプカー”



2010年もハートフルな宮崎ビートに親指が立ちます。


昨日は。

2010/3/25 9:21

HISASHI楽曲のレコーディング。

2曲とも、HISASHIならではの曲調で、メロディーラインが、独特なロックチューン。

DEMO段階での仮歌は、HISASHI自ら歌ってたんだけど、味のある歌声だった。

さて、スタジオに入る前にTERU MEの収録があって、カメラマンの橋本塁君がゲストで遊びに来てくれたんだけど、来週から始まる塁君が自信で企画してるイベント「SOUND SHOOTER」の写真展の写真集をお土産で持って来てくれたので、仮歌を歌い終わった後に見てみたんだけど、素晴らしい写真ばかりだった。



みんなの好きなバンドのライブ写真も載ってると思うので、チェキってみてね。

by TERU

最新 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 |