閉じる

LANGUAGE

LOGIN

HAPPY SWING

公式ファンクラブHAPPY SWING

GLAY MOBILE

GLAY MOBILE

G-Direct

GLAY OFFICIAL STOREG-Direct

BIOGRAPHY

RECENTLY

1994年にメジャーデビューし、2014年に20周年を迎えたロックバンド。
メジャーデビュー以降、CDセールス、ライブ動員数など常に日本の音楽シーンをリードし続け、数々の金字塔を打ち立ててきた。
2016年1月にリリースした53枚目のシングル「G4・IV」が オリコン・ウィークリーチャート1位を獲得し、TOP10入りは1996年「グロリアス」以来、21年連続、歴代同率1位。同シングルを含んだタイアップ曲満載の14枚目のオリジナルアルバム「SUMMERDELICS」を2017年7月に発売し、オリコンアルバムチャート1位を獲得。アルバムを引っ提げて全25公演24万人を動員する大型アリーナツアーを開催。2018年3月17日(土)には台湾・台北アリーナ、3月24日(土)には香港・アジアワールドエキスポでのワンマンライブも大成功を収めた。
8月には、故郷函館にて、大型野外ライブ「GLAY Special Live 2018 in HAKODATE GLORIOUS MILLION DOLLAR NIGHT Vol.3」 を開催。接近していた台風をはねのけ、2日間で5万人を動員し、大盛況のうちに幕を閉じた。
同11月には56枚目のニューシングル『愁いのPrisoner/YOUR SONG』を発売。
11月末からはGLAY MOBILE Presents 10th Anniv. Tour 「平成最後のGLAYとChristmas 2018 ~SURVIVAL~」と題したMOBILE会員限定のZEPPツアー(全国5カ所12公演)を開催。 25周年のアニバーサリーイヤーとなる2019年は「GLAY DEMOCRACY」というテーマを掲げ、1月1日には、全国ホールツアー、初の韓国公演、メットライフドーム公演、シングル、アルバムリリースなど、精力的に活動することを発表した。

PROFILE

TERU

1971年6月8日
ボーカリスト
20周年を迎えた2014年の全シングル曲のコンポーザーとして活躍、GLAYの絶対的フロントマン。また、エイズ予防キャンペーンやホワイトバンドプロジェクト、東日本大震災の復興支援活動などにも力を注いでいる。

bay fm 「TERU ME NIGHT GLAY」
(O.A. 毎週水曜 23:00~24:00)

※[radiko]で全国聴取OK。
詳しくは コチラ

JIRO

1972年10月17日
ベーシスト
GLAY楽曲の制作はもちろん、GLAYのライブの演出なども手掛る。またTHE PREDATORSのベーシストとしても活動も行っている。

FM 802 「BUGGY CRASH NIGHT」
(O.A. 毎週土曜 25:00~26:00)

※[radiko]で全国聴取OK。
詳しくは コチラ

TAKURO

1971年5月26日
ギタリスト
1988年にグループを結成したGLAYのリーダー。『HOWEVER』『誘惑』『Winter, again』などの大ヒット曲をはじめ、バンド内のほとんどの楽曲の作詞・作曲を行うメインコンポーザー。

GLAY MOBILE WEB RADIO「TAKURO MOBILE MEETING GOLD」
(不定期更新※基本的には毎週更新予定、次回更新時まで配信)

HISASHI

1972年2月2日
ギタリスト
GLAYで手がけた作品が評判となり、昨今では声優アーティスト、アニソンシンガーへの楽曲提供やプロデュース業、ACE OF SPADES のリーダーを務めるなど多岐にわたる活動を行う。

MUSIC ON! TV「RX-72 HISASHI vs 茂木淳一」
(初回放送 毎月第3日曜日 24:00~24:30、リピート放送 翌週木曜日 26:00~26:30)

過去の情報はこちら

RECENTLY NEWS